◆ しばしば18禁の内容があるので閲覧注意! ◆ 絵は「同人」のカテゴリーにあります◆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画充してきた

昨日一昨日と『パシフィックリム』『ワールドウォーZ
オーガストウォーズ』の三本見てきました。
どれも面白かったので簡単な感想を書く。

・『パシフィックリム
すごく男の子な映画でした。
ロボット!KAIJU!ガチンコ!かっこいい!以上終わり!
ストーリーに深みなどはありませんがそこを責めるのはお門違い。
この作品は「ロボットとKAIJU」を見せるためだけに作られてます。
全編から感じられるのはギレルモ監督のロボットと怪獣へのあふれんばかりの愛。
ところどころに日本の怪獣映画やロボットアニメへのオマージュが見られます。
日本をこんなに愛してくれてありがとうギレルモ

・『ワールドウォーZ
LEFT 4 DEAD』のゾンビの数が更に増えたらこうなるって感じでした。
カメラが寄ると確かにゾンビなんですがカメラが引くと
ゾンビが野生動物の群れに見えます。
ガチゾンビものを期待して見にいくと少し違和感を感じるかもしれないですね。
OPもそれを意識した作りとなってましたね。
場所も話もどんどん切り替わるので話もリズムがよくて楽しかったです。
とりあえずエルサレムの町並みを見られてすごく満足。

・『オーガストウォーズ
『パシフィックリム』みたいなロボット映画を期待して見にいったけど全然違った!
ロボットなんて単なる飾りのミリタリー映画。
というかロボット全然意味ないレベルで、まさに宣伝詐欺。
でも面白い!
ロシアの兵器と戦闘がいっぱい見られる!
素敵!
「ロシア軍全面協力」というのは伊達じゃなかった…

ちなみにこの作品は「南オセチア紛争」のプロパガンダ的映画で
かなりロシアよりの内容となってます。
「ロシア軍全面協力」が実現したのもこのためでしょうね。
同じ戦争を別視点で描いた『5デイズ』も見てみるといいかもしれません。

参考:南オセチア紛争(2008年)
スポンサーサイト

『世界侵略:ロサンゼルス決戦』はなかなか面白かった

日本ではあまり宣伝されてなかった『世界侵略:ロサンゼルス決戦』ですが

個人的になかなかおもしろうございました。

僕の印象は「モダンウォーフェア+HALOを2で割って上手く映像化した」みたいな感じ。

海兵隊とエイリアンのドンパチが堪能できます。

エイリアン相手に人類の武器が結構有効なのが面白いところで

この点がとってもゲームっぽい。

海兵隊がまともに銃の撃ち合いをできるエイリアンって結構珍しいと思う。

結構泥臭くエイリアンと戦うので軍隊モノとしても結構面白いと思います。



で、エイリアンと戦うというともうすぐ『カウボーイ&エイリアン』が公開されます。

主人公は、007で殺し屋…ではなくジェームズ・ボンドを演じたダニエル・クレイグで

助演男優にハリソン・フォードがいます。

この点を頭において以下のサイトにある『カウボーイ&エイリアン』の宣伝映像をご覧ください。



http://gyao.yahoo.co.jp/player/00790/v09848/v0983800000000541950/



チューバッカ・・・




今期のアニメ

『ちはやふる』が作画、演出、シナリオで頭一つ抜きん出てる感じです。

今期はコレと『未来日記』を追いかけるのが確定。



原作は少女漫画の皮をかぶった少年漫画。

とにかく熱い台詞が多い。

お気に入りの台詞は



「青春全部かけたって強くなれない?賭けてから言いなさい」

MOBキャラだろうと思ってたキャラが後に再登場して熱い台詞をはいたりする。

とにかくすごい熱量。

スポーツ漫画もかくやという熱さ。

一方でちゃんと心理描写を頑張ってたり恋愛模様を描いたりしてて少女漫画っぽい部分もある。

性別問わず楽しめる良作ですねコレ。

原作が滅茶苦茶良作なのでアニメの今後も期待!

『アザー・ガイズ』はすごく面白い

1ヶ月以上前に見た映画なんですがすごく面白い映画でまだ記憶に焼きついてるので紹介しておきます。

『アザーガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』

the-other-guys-movie-poster-1010548868
公式HP 

(音楽が鳴ります、注意)


何がすごいかって、開始10分で腹がよじれて呼吸困難に陥ります。

他の作品でなら主役や準主役をはれるサミュエル・L・ジャクソンや、ロック様が

破天荒なスーパー警官役として出てくるんですがこの二人が開始10分で突然死亡。

その死に方が腹筋崩壊レベルで笑えます。

あまりマナーは良くないですが劇場で声を出して笑ってしまいました。

この死に方は笑えるだけじゃなくてこの作品を表してるところがまた面白い。

「ヒーローといえども現実離れした行動は取れないよ」、というのを説明しちゃってます。

アザーガイズ、「脇役」の皆さんなら言わずもがなです。

コメディなのにこういうところはしっかりと作ってるなあと好印象でした。



コメディとしてだけではなくしっかりアクションしつつ警官ものとしても面白いので見所は満載。

まだ公開してる劇場があるので近くにあったら是非見にいってほしいです。


ちなみに劇場で見た作品のDVDはあまり買わない僕ですが

この作品のDVD買うことは決定してます。

何度でも気軽に楽しめる内容ですしね。

まだDVD発売決定の知らせもないですが多分・・・でると・・・思う・・・


ゴルゴ13映画化か?

映画プロデューサーのサミュエル・ハディダがゴルゴ13の映画化権を獲得したそうです。

このプロデューサーが製作にかかわっている作品で主なものは


・『バイオハザード』シリーズ

・スパイダー

・Dr.パルナサスの鏡

・サイレントヒル


とこんな感じです。

面白いものから微妙なものまで製作しているので

ゴルゴ13が映画になったとき面白いものが出来るかどうかは監督次第かな。

『ザ・シューター』の監督、アントワーン・フークワあたりにとってもらいたいかなあと個人的に思う。

ゴルゴはアジア系じゃなくていっそ白人に変えちゃってダニエル・クレイグで。

007で初めてダニエル・クレイグを見たときから思ってたけど

あの人ってスパイって感じじゃなくて殺し屋って感じの目つきだよね。

まさにゴルゴ13にぴったり。

ハリウッドにアジア系の俳優で「目つきが完全に殺し屋だ!」って人がいればその人でもいいんだけど。



ダニエル・クレイグで思い出したけど

間もなく公開される『カウボーイ&エイリアン』は馬鹿映画好きとしては絶対に見にいきます!

カウボーイとエイリアンが戦うなんて設定聞いただけでもう色々もえてくるよね。

でもプレデター2でプレデターの親玉が1800年代の銃を持ってたことを考えると

カウボーイとエイリアンの戦いはすでにプレデターが通った道!


↓vore!↓
同人

ルーンファクトリー 合同誌
『ThrowLife』
ThrowLife
※成人向け作品です



『ドキドキ清霜さん』
ドキドキ清霜さん
※成人向け作品です
※BOOTHのみペーパー付き

メロンブックス


『ドキドキ長波さん』
ドキドキ長波さん
※成人向け作品です


『ドキドキ夕雲さん』
ドキドキ夕雲さん
※成人向け作品です



禁忌のマグナ CG集
『にゃもにゃも KM』
にゃもにゃもKM
※成人向け作品です

にゃもにゃも CG


デレマス CG集
『にゃもにゃも CG』

※成人向け作品です

にゃもにゃも CG



ルーンファクトリー3 CG集
『にゃもにゃも RF3G』

※成人向け作品です


にゃもにゃも RF3G

ルーンファクトリー4 CG集
『にゃもにゃも RF4』

※成人向け作品です


にゃもにゃも RF3

ルーンファクトリー3 CG集
『にゃもにゃも RF3』

※成人向け作品です


にゃもにゃも RF3

アルトネリコCG集

※成人向け作品です


応援してます
XBOX
カウンター
pixiv
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム
ご連絡はこちらから

お名前:
メール:
件名:
本文:

メールフォームが使えない場合
こちらからご連絡ください。

エヌyaエムochアイef@gmail.com
(カナをアルファベット小文字にしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。